リピート系自動売買の比較 PC版イメージ リピート系自動売買の比較 スマホ版イメージ

おすすめのリピート系トレードはどれ?

いままで、数多くの記事でトラリピ、ループイフダン、トライオートFXの特徴を確認しました。そして、MT4を使ってバックテストもしました。この結果を受けて、3つのうちどの口座で取引すべきかを考察しましょう。

最初に言えるのは、「これが1番だ!と断定的にいえる口座はない」ということです。どのシステムにも特徴があるため、場合分けが必要です。

1.取引可能通貨ペアで判断

米ドル/円(USD/JPY)など主要4通貨ペアで取引したい場合は、トラリピ、ループイフダン、トライオートFXのいずれかで取引します。しかし、それ以外の通貨ペアで取引したい場合は、トラリピまたはトライオートFXで取引することになります。

2.取引開始の容易さで判断

難しいことはあまり考えたくない、簡単にできることが大事だという場合、ループイフダンでトレードすることになるでしょう。トラリピもトライオートFXも、取引設定が簡単にできる工夫がなされていますが、ループイフダンにはかないません。

3.メンテナンスの容易さで判断

ひとたび取引を開始した後、当初意図した売買位置が変化しないことを重視するなら、トラリピまたはループイフダンを使うことになるでしょう。トライオートFXの場合、時々利食い位置の修正が必要になるかもしれません。

4.利益幅の大きさで判断

利益幅の大きさで判断するなら、トラリピまたはトライオートFXで取引することになるでしょう。ただし、ループイフダンと同じまたはそれに近い設定で取引する場合は、ループイフダンが有利だと予想できます。

5.狭い範囲のボックス相場での取引

狭い範囲のボックス相場で取引する場合、適切な位置に損切り注文を出しておく必要があります。そうしないと、意図しない大きな損失を被る可能性があるからです。特定のレートで損切り注文を出せるトラリピトライオートFXが候補になります。

6.少々手間を要しても、自分が望むトレードをしたいとき

トラリピ、ループイフダン、トライオートFXは、あらかじめ商品設計が決まっています。いわば既製品です。そうではなく、完全オーダーメイドで自分の希望に完全に沿ったトレードをしたいという場合、MT4でEAを作ってトレードすることになるでしょう。

7.その他の基準

その他の基準もあるでしょう。決済トレール機能が気に入ったからトラリピが良いとか、重複レート発注機能を使ってみたいからループイフダンが良いとか、セーフティ機能が充実しているからトライオートFXがお気に入りだとか。その他いろいろあるでしょう。

「皆様が最も重視する機能は何か?」これが、採用するシステムを決める決定打になるかもしれません。

リピート系トレード方法の検証・比較

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.