リピート系自動売買の比較 PC版イメージ リピート系自動売買の比較 スマホ版イメージ

メリットが大きいリピート系トレードをバックテストで検証

トラリピ、ループイフダン、トライオートFXを比較

トラリピ、ループイフダン、トライオートFXのバックテストの結果を早速確認しましょう(バックテストの条件につきましては「バックテスト導入記事」をご覧ください)。

【バックテスト1】
買い注文と買い注文の間の距離を25銭、利食い幅も25銭にした場合

3つのシステムを比較するためには、同一の条件でなければなりません。そこで、ループイフダンで選択可能な「25銭」でバックテストを実行しました。その結果、2015年の利食い額試算値は以下の通りです。

トラリピ:173,250円
ループイフダン:180,048円
トライオートFX:180,250円

ループイフダンとトライオートFXの差がほとんどないという結果になりました。そして、7,500円ほど少ないのがトラリピです。

この差が出た理由は売買手数料でしょう。トラリピで米ドル/円(USD/JPY)を取引する場合、スプレッドは多くの時間帯で2.0銭ですからループイフダン等とあまり変わりません。しかし、「せま割」と呼ばれる手数料が取引ごとに1銭必要です。これが影響しています。

では、これを持ってループイフダンとトライオートFXが同点優勝、トラリピが3位と判定してよいでしょうか。これは、明らかに「否」です。

なぜなら、この3つのサービスを比較するために、トラリピを無理にループイフダンの設定に合わせているからです。トラリピはトラップ幅や利食い幅を自由に設定できるのですから、ループイフダンを意識する必要はありません。

そこで、条件を変えてバックテストしましょう。

バックテスト2

【バックテスト2】
買い注文と買い注文の間の距離を25銭、利食い幅を75銭にした場合

先ほどとは異なり、利食い幅を3倍にしました。この条件ですとループイフダンは取引できませんので、トラリピとトライオートFXのみでバックテストしましょう。

トラリピ:249,000円
トライオートFX:259,000円

利食い幅25銭の場合、ループイフダンの利食い額は180,048円でした。利食い幅を3倍にすると、トラリピとトライオートFXが圧勝するという結果になりました。利食い額は25銭でなく、75銭の方が良いという結果です。

そして、利食い額を75銭にしても構わないならば、ループイフダンよりもトラリピやトライオートFXで取引したほうが良いということになります。

では、利食い額をもっと広くしてみましょう。利食い額は大きければ大きいほど好成績を得られるでしょうか。

バックテスト3

【バックテスト3】
買い注文と買い注文の間の距離を25銭、利食い幅を100銭にした場合

今度は利食い額を100銭にしました。この条件でバックテストをした結果は以下の通りです。

トラリピ:185,000円
トライオートFX:194,000円

利食い幅が75銭の場合に比べて、利食い額が減ってしまいまいた。利食い幅は大きければ大きいほど良いというわけではないようです。予想としては、上昇相場では利食い額は大きいほうが良く、下落相場では利食い額は小さいほうが良いでしょう。

相場がどのように動くか事前に分かりませんから、最適利食い幅の大きさについて明確な解を求めることは難しいでしょう。

トラリピとトライオートFXを比較

では次に、トラリピとトライオートFXについて比較しましょう。利食い幅を大きくすると、トラリピよりもトライオートFXの方が成績良好というバックテスト結果が出ています。ということは、トライオートFXでトレードすべきでしょうか。

これは、一概にそうだとは言えません。

というのは、トライオートFXは、スリッページや窓があるたびに徐々に注文価格が移動してしまうからです。窓やスリッページが頻発するときには、取引設定を修正する必要があるかもしれません(詳細は、別記事「窓ができるときの約定ルールを比較!【トライオートFX編】」をご覧ください。)

よって、トライオートFXを使うと、完全放置のトレードは難しいかもしれません。完全放置でも当初設定どおりの取引を望む場合は、トラリピを使うことになります。

次のページでは、リピート系取引において、効率よく利益を得るための「最適な利幅」についてを紹介します。

リピート系トレード方法の検証・比較

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.