W指値注文

「OCO(オーシーオー)注文」は、一度に二つの注文を出して、高いレートになったら売り注文、安いレートになったら買い注文が約定されるという注文方法です。

二つの注文のうち、相場に対して有利な注文条件のどちらか一方が約定され、もう一つの注文は自動的にキャンセルされるという、何とも都合の良い注文方法なのです。

注文は、「指値」でも「逆指値」でも出せます。

また、「OCO(オーシーオー)注文」は、新規の注文時でも既に注文済みの決済にも可能ですから、「利益確定パターン」や「損切り想定パターン」など、いろいろなケースでの利用が考えられます。

新規注文でポジションを持つ場合<例>

OCO注文-新規注文

たとえば、現在の相場が1ドル=113円だとします。上昇トレンドにのったと予想して、1ドル=115円になったら買いという注文を発注しました。

一定の利益を確保するため、【1ドル=117円になったら売り】、もう一方は損失を限定するため、【1ドル=114円になったら売り】という条件がOCOでは可能となります。

このケースでは、予想どおり1ドル=117円(ドル高)になったら【2円の利益が確定】し、予想とは逆に1ドル=114円(ドル安)に振れたら【1円の損益が確定】ということになります。

既にポジションを持っている場合<例>

既にドル買いをしていて、上昇トレンドまっ只中。でも急激なドル安が襲ってきたら、現在の利益はパーになってしまう。。。一体どうしたら・・・。

こういう場合にも、「OCO(オーシーオー)注文」は活躍します。

OCO注文-注文済みのケース

たとえば、1ドル=115円で買ったドルが、現在の相場では1ドル=120円まで上昇しています。今決済すれば、5円の利益が確定します。しかし、人は欲張りなもので、もう少し、もう少しと、ついつい期待を膨らませてしまいますね。

こうしたケースでは、たとえば1ドル=125円まで上昇(ドル高)を期待するのであれば、「1ドル=125円での指値の売り注文」と「1ドル=119円での逆指値の売り注文」を同時に出します。

予想どおり1ドル=125円になったら【10円の利益が確定】します。もし、1ドル=120円から急激な変動で一気にドル安となった場合でも、自動的に1ドル=119円で決済されますから、【4円の利益が確定】され、相場急反転のリスクを最小限でスリ抜けられました。

どちらに転んでも、利益は確保されるということですね。

成り行きOCO注文

今すぐポジションをもつ注文(成行)と、損失の幅と利益の幅を設定した決済注文を出す注文(OCO)を、同時に発注することができるのが、『成り行きOCO注文』です。

マネースクエアジャパン

この注文方法を利用できるのは、マネースクウェア・ジャパン のみとなっており、2010年1月22日に特許取得しているトレードプログラムです。

オートパイロット注文

インヴァスト証券のオートパイロット注文『トライオート』は、裁量取引とシストレの良いところだけを取って開発された、半自動売買型の裁量FXです。

たとえば、円安トレンドが予想される場合、トレンドを確認しながら予想した方向に向かって売買をしていきます。予想に反して相場方向が円高に向かった場合に備えて、トレンドフォローとは逆の手を同時に打っておくことが可能です。
そうすることで、相場が逆に触れた時などは取引を行わないので、トレンドが逆に向かっていく限りはポジションは建つことはありません。

インヴァスト証券オートパイロット

「相場予測や戦略の組み立てといった人間の得意な分野はトレーダー自身が担当し、人間が苦手とする心理的に左右されやすい決済の分野はオートパイロットが担当する」という、FXトレードで純粋に勝つことだけを目的に開発されました。

オートパイロット型裁量FX【トライオート】をもっと詳しく

FX(外為取引)の注文方法

▲このページのトップへ

fx初心者ポイントレッスン
富を創造する投資思考
スパンモデルFX
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー

FXホーム > FXの注文方法 > OCO(オーシーオー)注文

Copyright © 2007-2014 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.