透明性の高い為替レートとは?

FXで売ったり買ったりするときに画面に提示されている為替レートは、
誰が出しているか御存じでしょうか?

FX会社?取引所?銀行?・・・
実は、どれも正解なのです!

株取引では、東京証券取引所などがあり、そこで値段が決められ取引する際のレートになります。FXでも「くりっく365」という取引所取引があり、同じようにレート配信がされています。

現在、投資家の間では店頭取引が主流であり、会社が顧客の相手になって取引をする「相対取引方式」と顧客の注文をインターバンクに流して取引の仲介をする「インターバンク直結方式」に分かれます。

低スプレッドを出せる理由 【相対か?NDDか?】

FX会社が投資家に低いスプレッドを提供できる理由は、2つのパターンがあります。

相対(あいたい)方式

インターバンク直結でないFX会社(相対取引)

1つは投資家と相対するパターンで、基本的にはカバー先からレートをもらっていないため、極端な話しをすると、スプレッド「0」で出すことも可能です。

この場合、FX会社のビジネスモデルとして、投資家が負ければ利益が出るしくみで、いわゆるレートずらし、ストップ狩り、意図的なスリッページなど、FX会社側に有利な操作などが起こりやすい環境になります。(実際はないと思いますが・・・)

NDD方式

インターバンク直結のFX会社(NDD取引)

一方、インターバンク直結方式のNDD(No Dealing Desk)は、投資家とインターバンク(カバー先)をつなぐ仲介業者的な役割です。

FX会社は、複数のカバー先と契約して、それぞれからもらうレートの中で一番良い(ベストプライス)bidとaskを投資家に提供することで、流動性の確保や低スプレッドを実現することが可能になっています。

したがって、ビジネスモデルとして、投資家が継続して取引しなければ手数料(スプレッド)収益が減るため、”投資家には利益を出してもらい”たいという立場になり、透明性が高く、不正等が起こりにくい環境と言えます。

また、インターバンク直結のFX会社であれば、投資家と同じ目的を持っているため、透明性の高いレートを提供することが可能であり、仲介業者としての立場なので為替リスクを負う事もほぼないため、安定したサービスを提供することも可能になります。

インターバンク直結で業界最高水準の低スプレッドを提供できるFX会社も登場してきているので、このような面から業者(FX口座)を選ぶ際には、チェックしておきたい項目になります。

インターバンク直結方式を採用しているFX業者

インターバンク直結方式(NDD)を採用している業者は少数派なのが現状です。
業者にとっては薄利なシステムなため、メリットがあまりないのが要因だと思われます。

薄利だからこそ、投資家に取引を繰り返してもらい、どんどん利益をあげてもらわないことには、唯一の利益源であるスプレッド収入を上げられないからです。

ですから、NDD方式を採用している業者は、投資家に対して、為替情報の充実化やオペレーターによるサポート体制の強化、為替レートの約定率の向上など、さまざまな面で投資家を側面から支援しているというのが特徴です。

NDD採用 お勧めFX業者

企業名 レート提供銀行 チャート・ツールの特徴
ヒロセ通商 LION FX 23行 スパンモデル・スーパーボリンジャー
【標準搭載】利用料無料
JFX株式会社 22行

為替レート・スプレッドについてのマメ知識

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報

FXホーム > 為替レートの豆知識 > NDD方式

掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.