取引成立が早い<成行注文>

「成行注文」は、「今表示されている値段(為替レート)で買いたい・売りたい」という時に有効な注文方法です。

レートを指定せず、為替動向を見ながらに注文する方法ですから、すぐに注文を出せて、売買も成立しやすいという特徴があります。

株の売買では「金額は幾らになってもいいので、買いたい・売りたい」という時に使われるのが成行注文ですが、FXの場合は「現在の価格でスグに売買する」という意味合いを持ち、「マーケット注文」「プライスオーダー」「クイックトレード」「リアルタイムトレード」などと呼ばれることもあります。

実際の取引(インターネット取引)では、「売り」と「買い」の値段が両方表示されますから、値動きを確認しながら、為替レートを指定せずにどちらかをクリックすれば注文完了です。

成り行き注文

たとえば、1ドル=115円50銭(bid)-115円55銭(ask)というレートであれば、
ドルを「成行で買い注文」すれば、1ドル=115円55銭で買うことができて、
ドルを「成行で売り注文」すれば、1ドル=115円50銭で売ることができます。

表示された値段が気に入らない、あるいは瞬時に急激な変動が起こった場合は、値段を再表示させて注文することが可能です。

成行注文の注意点

相場は常に動いていますので、為替レートもリアルタイムで変動します。
成行注文は、「確実に売り買いが成立する」メリットがある反面、幾らで売買されたかは、
「約定されたあとでなければ分からない」というデメリットもあります。

上記の例で、1ドル=115円50銭-115円55銭というレート表示のときに、成行で買い注文を発注したら、約定レートが115円54銭だった』。こういう結果だったら大歓迎です。
しかし、『約定してみたら115円56銭だった』では納得がいかないかもしれません。

約定レートがすべった

「今表示されている値段(為替レート)で売買したい」というときに発注できるのですが、相場が大きく変動している時など、頻繁にレートが変わる局面では、約定ボタンを押した時にレートが変わってしまった場合でも、ついた値段で約定します。

  • 買い注文では → 表示レートよりも高く買う
  • 売り注文では → 表示レートよりも安く売る

というように、成行注文では現在のレートを指定して注文を出すことができませんから、
現在の表示レートよりも不利な条件での約定になる確率が高くなります。

 指定したレートがすべる「スリッページ」について

成行注文の特徴

メリット デメリット
現在の値動きを確認しながら注文を出せて、確実に売買が成立する。為替レートを指定する手間が省ける。 注文した時点での値段は確約された価格ではなく、変動した価格によって約定する。値段は約定されたあとに分かる。

FX(外為取引)の注文方法

▲このページのトップへ

窓トレード基礎編
窓トレード実践編
売りから始めるFX
fx初心者ポイントレッスン
富を創造する投資思考
スパンモデルFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.