利子の高い通貨を買ってスワップ金利を稼ぐ

FXは金利の高い通貨を買って、金利の低い通貨を売るときに発生する金利差
『スワップ金利』を狙うトレード方法があります。

政策金利一覧

【各国主要通貨の政策金利】

南ア NZ 豪州 カナダ 英国 米国 日本 欧州
6.25 2.75 2.00 0.50 0.50 0.25 0.10 0.05

※2015年11月28日 更新

上表のように、現在日本では他国に例を見ない低金利政策が続いています。
ですから、日本円と外貨を組み合わせた通貨ペアによって、
利回りの良いスワップ金利を稼ぐという図式ができあがります。

現在人気のある通貨は、ニュージーランド(NZドル)、オーストラリア(豪ドル)です。
高金利・資源国ということが人気の理由ですが、乱高下する傾向があるため、
レバレッジは低くして売買するのが賢明でしょう。

1回の取引期間の目安は、数ヶ月から数年という比較的中長期的な期間でのトレードが通常です。「外貨預金」する感覚で取引するケースが多く、外貨預金よりも効率的であることが特徴です。

デモトレードでは

スワップ金利がどのくらいつくかという感覚を養う場合であれば、
日本円よりも金利が高い通貨を買い持ちすれば、金利が『受け取り』となります。

逆に、日本円よりも金利が高い通貨を売り持ちすれば、
スワップ金利が『支払い』になるケースを体感することになります。

デモトレードでは、このどちらのケースも体験しておくと良いでしょう。

短期売買で為替差益を狙う

スワップ金利を狙うのが中長期戦略とした場合、
デイトレードなどで「為替差益を狙う」のが短期売買の大きな目的です。

デイトレードは、数十分~1日以内に全てのポジションを決済するため、
結果がすぐ分かる、負けても仕切り直しがしやすい、チャート中心の分析なので、
初心者でも取り組み易いなどの特徴があります。

デモトレードでは

デモトレードで経験を積む場合では、馴染みやすい「ドル/円」が適当かと思いますが、
他通貨と比べて比較的値動きが激しいポンドを絡めると良い練習になるかも知れません。

デイトレードは慎重に!

プロの投資家の参入も多いデイトレードでは、
素人が手をつけても太刀打ちできないという意見もあります。

それは、プロの投資家が持つ情報と素人の私たちが持つ情報とでは、
質・量に雲泥の差があるとされているからです。

手数料の面でもプロの投資家のほうが割安です。
プロは100万米ドル単位で取引を行うため、コスト的に有利となります。

こうした理由から、FXのビギナーは、デイトレード(短期売買)よりも
スワップトレード(中長期売買)から始めることを薦める専門家もいます。

しかし、一般の投資家であっても一定以上の知識やテクニックを身につけることによって、
プロと同じ土俵で取引している方が大勢いることも事実です。

では、具体的に注文を出すタイミングの基本事項を覚えておきましょう。
→ 売買のタイミング

バーチャルFXでデモトレードをしてみよう!

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2017 FX 外国為替証拠金取引 All rights Reserved.