アジア市場

東京市場、香港・シンガポール市場

東京と香港・シンガポールには1時間の時差がありますが、いずれも同じアジア市場という位置づけで捉えられています。

比較的値動きが穏やかなアジア市場

ニューヨーク市場の値動きに比べて、アジア市場は値動きが小さいことで知られています。値動きが小さいということは、ボックス相場になりやすいということを意味します。

このため、アジア市場の時間帯でトレンドを追うトレード方法は難しいかもしれません。ボックス相場を狙って小さな利益をコツコツと積み上げるトレード方法が活躍する場面が多くなるでしょう。

小さな利益をコツコツと積み上げる場合も、ストップロスの設定を怠らないように気を付けましょう。

アジア主要国の経済指標発表等に注意

しかし、アジア市場でも、経済指標発表に伴って値動きが大きくなることがあります。例えば、オーストラリアで政策金利や失業率等の発表があると、今までの穏やかだった相場が一変することがあります。

また、中国が政策を変更したり何らかの発表をしたりすると、その影響を受けてオーストラリアドルが大きく動くこともあります。さらには、日銀が政策変更を打ち出たときも、為替レートが大きく動いたという実績があります。

このため、主要国での経済指標等の発表時刻を事前に確認してトレードしましょう。

主要な外国為替市場の特徴を知っておこう

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.