証拠金が減少したら

FXの最大の特徴は、取引業者に「証拠金(保証金)」を預け、「レバレッジ」を効かせて高額取引が出来ることにあります。

リターンが大きいメリットの反面、損失もまた膨れあがってしまうことも実際にあり得ます。損失が最低保証金(証拠金)を割ってしまったり、あるいは損失が証拠金を上回ってしまった場合はどうなるのでしょう?

取引業者は、証拠金が一定の水準を割り込んだ時点で投資家に対し警告を発します(取引業者ごとに「一定の水準」は異なります)。この警告は、同時に追加証拠金を要請するメッセージでもあり、これを『マージンコール』といいます。マージンコールの制度がない口座もありますので、注意が必要です。

『マージンコール』を受けた投資家は、追加の証拠金(追証)を差し入れるか、またはそれが出来ない場合、取引業者は強制的に決済します。これを『ロスカット』といいます。

マージンコールの意図するもの

こうしたマージンコールやロスカットは、実は投資家の損失を最小限に食い止めるためのルールでもあり、安全装置でもあります。

マージンコールを受けることによって、単に追加証拠金を差し入れるのではなく、今一度、取引のシナリオや資金投入方法を見直すタイミングなのかも知れません。

マージンコールが発動されたら?

実際にマージンコールが発動された場合、パソコンの取引画面上にマージンコールが発動されたことを示すメッセージが表示されます。メールによって通知が来ることもあります。

マージンコールが発動された場合、取引業者が指定する時刻までに、以下のいずれかの選択を実行しなければなりません。

  • 追加で必要な証拠金額を入金する
  • マージンコールを消すのに十分なポジションを決済する

追加の証拠金が必要な場合は、何%の不足か、幾らの金額を入金すれば良いのかが表示されていますから、その指示に従うことでポジションをキープすることができます。

含み損が発生しているポジションを閉じると、損失率の割合が下がり、証拠金の比率が回復できるケースもあるでしょう。

どちらを選択するかは投資家の自由ですが、マージンコールが発動された場合は、もう一度他のポジションやレバレッジを見直すなど、戦略を立て直してみることも必要です。

マージンコールを放置したら?

また、マージンコールが発動されても、何も対処しないでそれを放置状態にしておくと、『ロスカット』に移行され強制的にポジションが閉じられてしまいます。

マージンコールは、すべての外国為替証拠金取引の業者が設けているルールではありませんが、投資家保護の面から必要なシステムです。

FXの損失を未然防止するために

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.