FXで勝てない方に贈る言葉 PC版イメージ FXで勝てない方に贈る言葉 スマホ版イメージ

FXで含み損が出たらどうするか

ウェブサイトやブログでは、FXで勝てそうなことが数多く書いてあります。

しかし、現実は厳しいものがあります。なかなか勝てないかもしれません。

いま、読者の皆様が含み損を抱えていて苦しいとしましょう。

今回は、その状態から脱出することを考えましょう。

負けで苦しんでいるのは他の人も同じ

FXで勝っている人や負けている人は、それぞれ何%くらいいるでしょうか。

この数字は明らかになっていません。

しかし、噂では勝っている人は全体の10%とも20%ともいわれます。

そこで、その10%か20%の中に入るためにトレードをします。

しかし、うまくいかないことが少なくありません。仮に読者の皆様が含み損で困っているとしても、それは皆様だけではありません。全体の80%~90%の人が勝てなくて困っています。

このため、ウェブサイトやブログの情報を見て「負けているのは自分だけかも?」「自分は下手なのでは?」と思う必要はありません。他の人も勝てないのです。簡単に勝てないのが普通です。

含み損ポジションへの対処法

では、目の前にある含み損をどうにかしましょう。

含み損があると、なかなか落ち着いて考えることができないかもしれません。

1.取引を始めるとき、どこで損切りしようと考えていましたか?

(1)損切りする為替レートを決めずにトレードを開始していたとしたら、今回とても良い勉強になったと考えましょう。

「損切りレートを決めるのは必須だ」ということを、身をもって体験しました。

今勝っている人は、最初からずっと勝ち続けているわけではないでしょう。失敗をいくつも繰り返しているはずです。次回からはこの失敗を回避すれば大丈夫です。

(2)損切りレートを決めてトレードを開始したけれど、実行しないままポジションを持ち続けている場合も、上の(1)と同じような失敗になります。

しかし、損切りレートを決めることができたのですから、次はもっと良いトレードができると期待しましょう。次回からは、損切りレートを決めたら確実に実行できるように努力しましょう。

2.含み損で苦しいなら、そのポジションを決済しましょう。

辛いかもしれませんが、これが最も効果的です。というのは、以下の理由からです。

理由1:含み損も実現損も、損は損

含み損のポジションをずっと持ち続けると、そのポジションを持ち続けるための資金をそのまま維持しなければなりません。他のトレードに使うことができないのです。

このため、今現在のトレードで含み損を計上すると同時に、将来の利益も捨てているということになります。「二重の損」です。

しかし、頭では理解できたとしても、含み損のポジションをすべて一気に決済するのは心情的に難しいかもしれません。そこで、以下の方法を試してみましょう。

  • ポジションの一部だけ決済する

全部を一気に決済するよりは、気持ちが楽でしょう。

そして、決済することによって解放された証拠金を、別のトレードに使うことができます。

さらに、残された含み損ポジションについては、将来の為替レート反転を期待できるかもしれません。

まずは、一部だけ決済しましょう。

そして、同じ失敗を繰り返さないようにトレードしましょう。

何をやっても勝てないトレーダーの方に捧げる

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.