チャレンジFX PC版イメージ チャレンジFX スマホ版イメージ

どのようにトレードすればいいの?

1万円や10万円で始めるFXについて様々な情報を紹介してきました。しかし、重要な問題が残されています。「どのようにトレードすればいいの?」です。

ウェブサイトを探すと、数多くのトレード方法が見つかります。どれも効果抜群に見えますが、実際はどうなのでしょうか。すべて試しても良いのですが、トレードして、その結果を検証して、検証結果をトレードに反映して・・・時間がかかりすぎます。

かといって、「エイッ!」とトレードするのも問題かもしれません。というのは、FXで負けたという情報も同じくらいウェブサイトを賑わしています。自分は大丈夫さ!・・・考えがちょっと前向きすぎるかも?

窓が閉まることを狙うトレード

そこで、FXビギナーズ編集部が、初心者向けのトレード方法を厳選してお届けします。それは、「窓」が閉まることを利用する方法です。窓って何だろう?については、ゆきママさんのコラムをご覧ください。

FXビギナーズ編集部が窓のトレードをご紹介する理由は以下の通りです。

トレードすべき時刻が決まっている

FXの難しさの一つは、「いつトレードするか」です。相場は24時間動いています。しかし、チャートを24時間見る続けることはできません。あらかじめトレードすべき時刻が分かっていると、負担が大きく減ります。

窓を狙うトレードは月曜日の早朝(多くのFX口座で午前7時)です。トレードを始める時刻が決まっています。

利食いすべき為替レートが分かりやすい

利食い(利益を確定する)する為替レートは、窓が閉まるところです。とても分かりやすいです。

窓は比較的出現しやすい

どれほどの大きさの窓が出たらトレードするかにもよりますが、過去データを検証しますと、米ドル/円(USD/JPY)で窓が出現する確率は40%くらいあります。

窓のトレードは月曜日に実行します。1年は52週ですから、52週×0.4=28回くらいはトレードチャンスがあるということになります。

売りからトレードを始めることへの抵抗感が少ない

「買うことはできるけれど、売るのは何か怖い気がする・・・」という初心者の方は少なくないでしょう。しかし、窓のトレードはそのような感じがあまりないと思います。

というのは、「窓ができたら、窓が閉まる方向にトレードする」からです。「買いか売りか」をメインにして考えるのではありません。そこで、窓のトレードで売りの感覚を鍛えることもできるかもしれません。

では、窓を狙うトレードの問題は何でしょうか。

それは、「どこで損切りするか」です。窓は閉まりやすいとはいえ、100%の確率ではありません。そこで、FXビギナーズ編集部では、実際に窓を利用してトレードしている専業トレーダーにヒアリングしました。

ヒアリング内容はズバリ、「初心者でも取り組みやすい窓のトレード方法は?」です。

そこで得られた方法をご紹介します。なお、ご協力いただいた専業トレーダーのかたは、このトレード方法を用いて公開トレードを実施したことがあり、実際にプラスの損益を計上した方法です。

勝率は100%ではありませんし、この方法を使えば確実に勝つと保障できるものでもありません(将来どうなるか?それは誰にも分かりませんから)。しかし、参考になるでしょう。

これなら初心者でもできる!米ドル/円トレードに挑戦

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.