チャレンジFX PC版イメージ チャレンジFX スマホ版イメージ

取引数量は「負ける場合」を想定せよ!

「資金1万円から始めるFX」も「資金10万円から始めるFX」も、取引数量を決めるために負ける額を基準にして考えました。しかし、勝つためにFXをしているのであって負けるためではありません。

では、なぜ負けることを想定して取引量を決めるのでしょうか?

大きく負けてしまうと、回復するのは大変!

資金量が10万円だとしましょう。

例えば、大きく負けて資金が5万円まで減ってしまったとしましょう。かなり痛いです。「よし、ここからが本番だ!」とばかりに頑張るとして、どれくらい頑張れば元の10万円に回復するでしょうか。

現在:5万円
目標:10万円(5万円の獲得)

現在の資金5万円から10万円に回復するには、5万円を獲得する必要があります。すなわち、利益率100%が必要です。

一方、10万円を5万円に減らしたとき、損失率は50%でした。

50%の損失の時、50%を再び得ればよいというわけにはいかないのです。100%が必要です。ひとたび大きく負けると、回復するのは大変だと分かります。

この様子をグラフ化しましたので、ご覧ください。

横軸は、負けた金額です(当初資金は10万円)。そして、縦軸は、負けから回復するために必要な利益率です。

損失額と回復に必要な利益率の関係
グラフ

負けの額が大きくなると、そこから回復するために必要な利益率がとても大きいことが分かります。グラフでは利益率400%が必要などと書いていますが、400%というのはとんでもなく高い数字です。

元本が10万円ならば、負け越しの額は数万円に抑えないと大変だろうことが、このグラフから読めます。

このため、取引数量を考えるときは「いくらまで負けられるか」を基準に考えましょう。

ちなみに、勝つ場合はどのように考えればよいでしょうか。「勝っているから問題なし!」ではありません。

資金が増えると、「自分はトレードが上手だ」と思うでしょう。そこで、もっと大きく伸ばすために取引数量を増やしてしまうかもしれません。取引数量を大きく増やした後で大幅に負けると、上のグラフの関係が重くのしかかってきます。

ひとたび資金が減ると、回復するのは大変なことです。

結局のところ、トレードでは資金を増やすことも大事ですが、「資金を減らしてしまう場合の額を抑える」ことがとても重要です。

これなら初心者でもできる!米ドル/円トレードに挑戦

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.