チャレンジFX PC版イメージ チャレンジFX スマホ版イメージ

1通貨単位、100通貨単位、1000通貨単位のFX

資金1万円から始めるFX、そして10万円から始めるFXについて考えてきました。そこでわかるのは、「1,000通貨単位でトレードできる口座が必要だ。さらに言えば、100通貨単位でトレードできたら最高!」ということです。

そこで、100通貨以下でトレードできる口座をご紹介しましょう。

マネーパートナーズ(FXnano)

マネーパートナーズのFXnano(ナノ)は100通貨からトレード可能です。すなわち、200通貨、300通貨という数量でもトレード可能です。1万円から始めるFXにとても都合が良いです。

この口座のメリットは、「スプレッドが変化しない」ことです。例えば、米ドル/円(USD/JPY)のスプレッドは0.3銭ですが、このスプレッドをいつでも提示します。

相場が波乱になるときにはスプレッドが大きくなりがちです。しかし、FXnanoはいつでも0.3銭です。今後も100%いつでも0.3銭を提示し続けるという確約はありませんが、過去の実績から考えると、今後も狭いスプレッドを期待できます。

SBI FXトレード

SBI FXトレードのメリットは、何といっても「1通貨からトレード可能」ということです。1米ドル、1ユーロといった金額からトレード可能です。

もちろん、1通貨でトレードしなければならないという意味ではありませんので、1,000通貨でトレードするということも可能です。

1万円からトレードを始める場合、100通貨の取引でも数量が大きすぎると感じることがあるかもしれません。その場合、SBI FXトレードを使って50通貨といった数量で取引すると良いでしょう。

また、1,000通貨では少ないけれど1,100通貨はちょっと多いな、というきめの細かいトレード管理をする場合にも、SBI FXトレードは有効でしょう。

FXトレードフィナンシャル「らくらくFX」

らくらくFXはデイトレード専用ツールです。このため、上で紹介しました口座とは少し性格が異なります。

デイトレード専用ツールですから、営業日を超えて取引を継続できません。

すなわち、スワップポイントの受け渡しがありませんし、「値動きが期待とは違うけれど、損失を確定したくないから塩漬けしよう」ができません。初心者がやってしまいがちな失敗を強制的に直してくれます。

最初は辛いと感じる機能かもしれません。しかし、初心者がやりがちな失敗をしたくてもできないということですから、デイトレードで頑張ってみようという場合に有効なツールです。

なお、らくらくFXでは主要4通貨ペアでトレード可能ですが、そのスプレッドは「すべて0.5銭」です。ポンド/円(GBP/JPY)も豪ドル/円(AUD/JPY)も0.5銭です。これは極めて狭いスプレッドです。デイトレードにピッタリでしょう。

100通貨単位以下のFX口座一覧

比較項目 FXnano SBI FX らくらくFX
取引単位 100通貨 1通貨 100通貨
取引可能通貨ペア数 16 12 4
通貨ペア
スプレッド
0.3 0.27-0.58 0.5
0.7 0.69-0.99 0.5
1.2 1.19-1.59 0.5
0.9 0.77-0.88 0.5
1.9 0.99-1.90 取引不可
0.8 0.48-0.78 取引不可

※SBIFXは取引数量によってスプレッドが異なります。

これなら初心者でもできる!米ドル/円トレードに挑戦

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.