チャレンジFX PC版イメージ チャレンジFX スマホ版イメージ

証拠金10万円のトレード戦略

「資金1万円から始めるFX」では、資金1万円でどのようにFXをしていくのか?を検討しました。今回は、「資金10万円から始めるFX」です。

1万円で始める場合と多くの面で共通しますので、そちらを先にご覧ください。しかし、資金が10倍になるのですから、異なる面もあります。1万円の場合とどこが違うでしょうか。順に考察しましょう。

取引可能数量が10倍になる

証拠金1万円でトレードするなら、1回の取引の損失が200円くらいだったら我慢できる!と考えたとしましょう。この場合、1回の損失は資金量の2%です(200円÷1万円)。

2%ということは、10万円の資金量だったら、1回のトレードで2,000円の損失までOKということになります。すなわち、取引可能数量が10倍になります。

FXでは、可能な限りパーセント(%)で考えましょう。実際に獲得した額(円)で考えていると、日常生活の金銭感覚が邪魔してしまうかもしれません。

「今日のトレードは2,000円の損か。超豪華なランチ1回分だな・・・」

などと考えていると、手が縮んでしまって冷静なトレードが難しいです。%ならば、資金管理もしやすくなります。

しかし、パーセントで考えましょうといっても、「自分の精神力」の視点から、実際の額も考慮しましょう。1回1,000円の負けだったら精神的に大丈夫だけれど、一度に2,000円の負けになると精神的にキツイ・・・という場合は、1トレードの損失を1,000円くらいにしましょう。

同時に複数のトレードが可能になる

1万円から始めるトレードの場合、取引数量を小さくしなければなりません。しかし、あまりに取引量が小さいと、利食いできても得られる金額がわずかになります。

このため、「損しても我慢できる額」かつ「利食いで得られる額を少しでも大きく」という取引量を模索することになります。同時にトレードを2つ3つと展開することは難しいです。

この点で、10万円で始めるトレードならば、同時に複数のトレードを実行しやすくなります。例えば、米ドル/円(USD/JPY)を買っているときに、さらに豪ドル/円(AUD/JPY)を追加で買う、といったことが比較的容易になります。

資金量が大きいということは、それだけ柔軟性が増すということです。

何通貨でトレードすべき?

1回のトレードでいくらの損失まで精神的に我慢できるかにもよりますが、例えば、1回2,000円の負けまでOK!と設定したとします。

デイトレードで1トレードあたり20銭(0.2円)の負けを想定する場合

この場合、取引数量を1万通貨以内にすべきでしょう。というのは、負けるときの額は0.2円×1万通貨=2,000円となり、負けても我慢できる額に収まるからです。

もちろん、5,000通貨でトレードしてもOKです。5,000通貨だったら1回の負けで1,000円を失うということになり(0.2円×5,000通貨)、2,000円の負けに比べて安全度が高くなります。

スイングトレードで1トレードあたり100銭(1円)の負けを想定する場合

こちらは、1回の負けで失う値幅が100銭(1円)と大きくなります。1回のトレードで2,000円の負けに抑えるには、取引数量を2,000通貨以内にする必要があります(1円×2,000通貨=2,000円)。

このように、1回のトレードで失うであろう金額を元にして、取引数量を決定します。

これなら初心者でもできる!米ドル/円トレードに挑戦

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.