理論派セクシートレーダー深田萌絵

長期トレードのコツⅠ 4つの大事なポイントとは

こんにちは☆
深田です。

巷ではデイトレが流行っているようですが、今日は長期トレードのお話をしましょう。 私も基本的に為替の証拠金取引はデイトレ派ですが、長期のポジションも持っています。

為替を長期で持つメリットはずばりコレ。

・毎朝ポジションを持ち越すと金利がもらえる。
・高金利通貨だとスワップ金利が高い。
・金利が上がると短期的に通貨価値も上がるのでダブルでお得。
・四六時中相場に張り付かなくても良い。

ということです。
逆にデメリットは、

・スワップ金利以上に損が出るケースもある。
・金利が下がると短期的に通貨価値も下がるのでダブルで損。
・ハイレバレッジのメリットを受けられない。

ということかな。

長期投資をする際のポイントですが、一番大事なのは通貨選びです。
以下の点を注意してます。

1.高金利通貨を選ぶ。
2.高金利の理由を調べる。好景気によるインフレ引締めで金利が上昇しているなら良い。国の財政状態が悪すぎて債券発行のために金利を上げているなら避ける。
3.こまめにロスカットするわけではないので、レバレッジを下げる。
4.金利差の動向に注意する。

という4点です。

特に注意して欲しいのがレバレッジです。
デイトレだと損が出たらこまめにロスカットしていくのが常識ですが、長期投資は評価損にどれだけ耐えられるかということです。
リスク管理の観点でいうと、長期投資はレバレッジを2~3倍程度にしておくほうが急な相場の変動にも耐えられます。

それと、金利差の動向には注意してください。
一般的に豪ドルを買うとなると、豪ドルの金利にしか注意を払わない投資家が多いですが、スワップ金利=買った通貨の金利-売った通貨の金利 です。買った通貨の金利が下がっても、売った通貨の金利が上がっても、金利差縮小は既存のスワップ狙いのトレーダーの売りを誘うので常に一つの通貨ペアに対して二つの国の動向をウォッチしてください。

ここで、利用する会社について触れたいですが、普段のデイトレだと、約定力とかサーバーの強さとかを中心にFX会社を選んでいます。
ただ、長期投資でスワップを毎日もらうというトレードには、比較的スワップポイントの高くて、スプレッドも期間限定キャンペーンを行っているDMMを選びました。
2010年度年間FX取引高も一位でデイトレ派にもけっこう人気みたいですね。

DMMを使うメリットは、このスワップだけを引き出せること。
スワップだけ引き出せるっていうのは、別にポジションを落とさなくてもスワップでもらった107円を引き出せるから、ちょっとしたお小遣いが足りないときにも良いよね☆

▼ FXを始めるなら≪DMM FX≫にお任せ!口座開設はこちらから ▼

今が高金利通貨を買うチャンス!?

そして、今の足元の日本の状況を考えると、いまは中期的に円売り・高金利通貨買いポジションを建てる絶好のタイミングがやってきました。

震災直後にドル円は76円台と大幅に円高に振れましたが、円高に振れたのは何もドル円だけではありません。
資源国でかつ高金利通貨である豪ドル円や金利引き上げに向かっているユーロ円も一時的には円高に向かったので、逆張りで円売りチャンスが生まれました。

どうしてチャンスなのか?

それは、日本円のファンダメンタルズが変わったからです。

豪ドルとユーロは以前から金利は引き上げられるという方向で進んでいます。
しかし、日本円に関していうと、円は日銀によって実質的な利下げに動いているのです。
それは、どういうことかというと、日銀は震災以降に景気回復をターゲットとして金融緩和を行っていますね。

金融緩和というのは、市場にたくさんのお金を供給してお金の価値を下げるのです。

では、お金の価値とは何でしょうか?

日本全国に流通しているお金の量=希少性とお金を借りる値段=金利で構成されていますね。
今回は、日本の中央銀行が大量に国内に日本円を供給したので、日本円の価値が低下しているのです。日本円がたくさんあるということはお金のレンタル料である金利も相対的に安くなりますよね。

実際に金利が下がっているわけではありませんが、相対的な価値が下がることによって実質的な金利が下がる方向に動いているのと同じだという解釈なのです。

震災後、一時的な円高を迎えた為替市場ですが、現在は多くの投資家が実質金利の下がった円を売って金利の高い通貨を買っています。
それは、スワップ金利を受取るというメリットと、とうぶん日本が緩和に動けば円安のメリットも取れるだろうという思惑があるからなんですね。

「いま、乗り遅れたかも?」って、慌てなくても大丈夫です。
まだ、一時的に円高になる要因も含まれているので、クロス円が落ちてきたときに拾えばいいのです。

そのチャンスを逃さないためにも、転ばぬ先の杖、口座にお金を入れて待っておいたほうがいいですね!

さて、次回は高金利通貨や金利差が拡大するかどうかをどうやって判断するのかを詳しくお話しましょう☆

それでは!

理論派セクシートレーダー深田萌絵的FX講座-Back Number

プロフィール

深田萌絵

理論派セクシートレーダー

深田萌絵(ふかだ・もえ)

プロフィール・経歴・活動実績など

1978年大阪府生まれ。10歳から父親のすすめで株を始める。
関西の美術短期大学を卒業後、就職、短期留学、株アイドルを経験した後、 早稲田大学入学。日系ヘッジファンドでインターン。独立系リサーチハウス で株式のアナリスト。2008年、早稲田大学政経学部卒業後にバークレイズ・ キャピタル証券株式会社の投資銀行部門で事業法人のカバレッジ。
現在は、事業会社のファイナンシャル・アドバイザー。
ブログ『負けない投資でコツコツ稼ぐ』
http://ameblo.jp/fukadamoe/
コラム『マネーのうさぎ』
http://worldinvestorsclub.net/

執筆者のサイト

http://ameblo.jp/fukadamoe/

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.