FXとは?初心者に分かりやすく PC版イメージ FXとは?初心者に分かりやすく スマホ版イメージ

円相場の変動と企業の売上

新聞やニュースの話題に上がる「為替相場の変動」は、企業や投資家にとって、とても気になることで、かつ重要な情報です。

円高がどのように経済に影響を与えるかを、海外に輸出している自動車メーカーを一例に取って考えてみましょう。

為替と経済

T社は1台1万ドルの車をアメリカに輸出していたとします。円相場が1ドル=200円の場合は、売り上げとして200万円がT社に入ります。しかし1ドル=100円になった場合(円高)には、T社の売り上げは100万円となってしまいます。

1台当たりの生産コストが150万円だとした場合、前者では50万円の利益、後者は50万円の損失が発生します。輸出産業にとって、「円高」は大ダメージを受けることになりますね。

円高は日本にとって本当に悪いの?

円高の状況では、日本に輸入されるモノの値段が安くなります。

たとえば1枚10ドルのDVDは、1ドル=200円のときには、1枚2000円で売られますが、為替相場の影響によって、1ドル=100円に円高が進んだ場合、DVD1枚が1000円で売られるようになります。

消費者にとって円高は歓迎すべきことなのですが、企業の台所事情は一変します。

日本の企業は、生産コストの削減などによって安い輸入品との価格競争をしなければなりません。それでも業績が落ち込むと、社員の給料やボーナスが減り、場合によってはリストラなどで、従業員の削減に走ります。最悪の場合倒産も・・・。

収入が減ったり失職に追い込まれると、家計を圧迫することになりますから、お金を使わなくなり、他の産業へも飛び火しますね。

輸入業者はどうでしょう?

円高になると材料の仕入れ単価が少なくすみますから、仕入れ値によらず同じ価格で売るのであれば、円高は歓迎ですね。

海外旅行に行く予定のある人はどうでしょう?

1ドル=200円のときに10万円をドルに換えたら500ドルですが、1ドル=100円の円高時に換金すると1,000ドルが手に入ります。円高のほうが海外旅行者にとって好都合ということになります。

このように、その企業、その人の立場によって円高が良いのか、円安が良いのかは変わってきますが、日本は輸出大国ですから、円高よりも円安のほうが好ムードでしょう。

為替の相場(円相場)が変化することによって、企業の売り上げや損益に直接影響を与えることになりますから、為替相場と経済は密接に関係していることがわかりますね。

FXを始める前の基礎知識~為替相場

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.