為替市場の一日はニュージーランドから

ニュージーランドは、FXをする人々にとって極めて重要な場所にあります。地図でニュージーランドの場所を確認しましょう。

ニュージーランドの国旗と地図

ニュージーランドはオーストラリアの東側に位置する島国です。2つの主な島によって構成されています。また、ニュージーランドのすぐ東側に日付変更線があります。これがとても重要です。

というのは、世界の為替市場の一日はニュージーランドから始まるからです。

特に、土曜日や日曜日に大きなイベントがあったときに注目が集まります。月曜日の相場がどうなるか、市場参加者がじっと見つめるのが、ウェリントン市場(ニュージーランド市場)です。

前週金曜日の終値から大きく異なるところから為替取引が始まると、市場参加者はあわただしく動き、ニュースも盛んに報道されることになります。

日本に住みながらFXをする私たちにとって、ウェリントン市場から取引が始まるというのは幸運かもしれません。というのは、欧米に住んでいたら、週の始まりの時刻は深夜ということもあるでしょう。

眠い目をこすりながらチャート画面を見ることになります。あわただしい時間が終わった!と思ったら朝です。仕事に出かけます。ただでさえ月曜日で気が重いのに、疲れた状態で出勤ということになるかもしれません。

疲れたといいながらも、相場で勝てたならば気持ちは軽やかかもしれません。しかし、負けていたら、疲れは倍増でしょう。

日本だったら、いつもよりも少し早く起きて取引すればOKというわけです。

フォンテラの動向に注意!

FXでニュージーランドドルを取引するとき、他国通貨を取引する場合と同じように、様々な情報を集めることになります。

ニュージーランドで注目すべき独特の情報としては、フォンテラの動向をあげることができます。フォンテラとは酪農協同組合なのですが、その規模がすさまじく大きいため、ニュージーランド経済に大きな影響力を持っています。

例えば、以下の通りです。

売上高: 186億NZD(2013年度)
生乳取扱量: 2,200万トン(世界No.1)
グループ従業員数: およそ17,300名

一企業としてはとても大きな規模です。このため、フォンテラが発表する数字(生乳生産量、入札結果等)がニュージーランドドルを大きく動かすことがあります。

重要指標が発表されたわけでもないのに為替レートが動いた理由は?!・・・とびっくりして確認してみると、フォンテラの発表内容が原因だった、ということもあります。

このため、フォンテラという企業がある、というくらいは覚えておいて損はありません。

しかし、規模の大きさで比較するなら、トヨタ自動車はどうでしょうか。

トヨタ自動車売上高: 25兆円(2014年度)

トヨタ自動車は桁違いに大きいのですが、トヨタ自動車の売上などの数字が円相場を乱高下させたという話を聞きません。これは、トヨタ自動車は海外生産比率が高かったり、日本の経済規模がとても大きかったりすることが理由かもしれません。

フォンテラの場合、ニュージーランドの基幹産業である酪農を業務にしており、ニュージーランドの経済規模に対する比率も大きいため、市場参加者の注目を集めやすいのでしょう。

主要国別に、特徴を知っておこう

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.