意外と知られていない資源国としてのイギリス

イギリスはヨーロッパの北西に浮かぶ島国です。下の地図では面積が大きな国に見えますが、24万平方キロくらいです。一方、日本はおよそ38万平方キロです。このため、イギリスは日本の3分の2くらいの面積だということになります。

イギリスの国旗と地図

しかし、資源は比較的豊富です。最も有名なのは、イギリス北部の海域に広がる北海油田でしょう。近年は生産量が減少しているようですが、今なお多くの原油生産をしています。また、2015年にはロンドン郊外で大規模な油田が発見されました。

そこには北海油田で過去40年間に採掘した量の2倍の埋蔵量があると言われており、とても規模が大きいです。また、ロンドン郊外という発見場所が驚きです。

実際に採掘できる量がどれだけあるかにもよりますが、北海油田の生産量減少を補うことができるかもしれません。

なお、イギリスは世界中に領土を持っていた歴史があります。その歴史は今も受け継がれており、世界中にイギリスの領土があります。

下の地図は簡略的なものですが、赤い点の場所にイギリスの海外領土があります。有名なところではスペイン最南端のジブラルタル、アルゼンチン沖のフォークランド諸島があります。

イギリスの海外領土

もう一点、イギリスの特徴を挙げたいのですが、歴史があるだけにとてもたくさんあります。そこで、イギリスの文化、アフタヌーンティーを採り上げましょう。

イギリスの文化(アフタヌーンティー)

スコーンなどが3段に盛られているのが特徴的です。毎日忙しく働いたり勉強したりする方が大半かと思いますが、のんびりとアフタヌーンティーをいただくのもいいですね。

イギリスは世界○○の中心地!?

では、イギリスでFXと関連の深い内容をご紹介しましょう。

今の世界で、経済の中心地はどこでしょうか。アメリカと答える人が多いのではないかと思います。では、金融の中心地はどこでしょう?

これはもう、圧倒的にイギリスです。さらに言えば、ロンドンです。どれだけ圧倒的なのか、データで確認しましょう。

外国為替取引は上場株式の取引と異なり、集中市場がありません。このため、どれほどの量の通貨ペアがどの地域で取引されているのかを把握するのは難しいのですが、国際決済銀行(BIS)が3年ごとに調査結果を公表しています。

そこで、この報告書を使って外国為替取引量の状況を確認しましょう。最新版は2013年です。国・地域別の外国為替取引シェア(2013年)を数字の高い順に並べますと、以下の通りになります。

イギリス: 40.9%
米国: 18.9%
シンガポール: 5.7%
日本: 5.6%
香港: 4.1%

数字ではイメージしづらいですから、円グラフにしましょう。

国・地域別の外国為替取引シェアのグラフ

イギリスが圧倒的にシェアを獲得していることが分かります。2位の米国の2倍以上です。また、2位から5位までを合計した数字よりも大きいです。そして、上位5つの国・地域で、世界全体の75%程度のシェアを占めています。

外国為替の世界は地域的な寡占状態であることが分かります。なお、3位から5位までをアジアの国・地域が占めていることも興味深いです。3つの国・地域はそれぞれ同じくらいのシェアを獲得しています。

イギリスの通貨ポンドが基軸通貨の地位を失って久しいですが、イギリスは金融の世界で今なお世界の中心として輝き続けているといえましょう。

主要国別に、特徴を知っておこう

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.