チャート分析の基礎知識 PC版イメージ チャート分析の基礎知識 スマホ版イメージ

チャートの基本

チャートの基本となるものは何でしょうか。日本の場合、多くの人がローソク足を使っていることでしょう。そこで、ローソク足がチャート分析において最も基本的なツールになります。

では、その次に基本的かつ重要なものは何でしょうか?

これはトレードする人によって大きく異なります。ローソク足以外には何も使わない人、補助線を数本使う人、あるいは、インジケーターと呼ばれるものを使う人。様々でしょう。

インジケーターとは

では、インジケーターとは何でしょうか。

インジケーターとは「為替レートのデータを加工して新たに数値を出し、売買判断の助けにするもの」を言います。

例えば、基本的なインジケーターの一つとして知られている移動平均線で確認しましょう。移動平均線は、過去の為替レートの平均値をグラフ化したものです。このグラフがあると、ローソク足だけの場合に比べて為替レートのトレンドが見やすくなります。

下のチャートで確認しましょう。マネーパートナーズのチャートです。米ドル/円(USD/JPY)の日足ですが、為替レートが大きく上下動していてトレンドがどうなっているのかよく分かりません。

ローソク足チャート

では、このチャートに移動平均線を1つ追加してみましょう。赤の曲線が移動平均線です。

ローソク足チャート+移動平均線(MA)

移動平均線1本だけで売買を判断するのは難しいかもしれませんが、為替レートのトレンドが分かりやすくなりました。ローソク足の読み方を知らなくても、「今は全体的に上昇傾向だな」「下落傾向だな」ということがすぐに分かります。

このように、インジケーターは私たちがチャートを読むときの手助けをしてくれる便利ツールです。

インジケーターにはどのような種類がある?

では、どのインジケーターを使えばよいのでしょうか。インターネットで探すと、数十種類程度を探すのは簡単です。広く知られているとは言えないインジケーターを含めますと、その数はどんどん増えていきます。

しかし、それだけ種類が多いということは、逆に言えば、勝率100%のインジケーターが存在しないことの証明でもあります。もし、勝率100%のインジケーターがあるとすれば、その他のインジケーターを使う人はいなくなるだろうからです。

すると、負けてしまったインジケーターは、遅かれ早かれインターネット上からも消えてなくなるでしょう。

というわけで、どのインジケーターにもメリットとデメリットがあります。皆様にとって最も使いやすいインジケーターが最も良いインジケーターということになります。

そうはいっても、数多くある中から選択するための基準が何か欲しいです。そこで、インジケーターを分類してみましょう。

主なインジケーターは1と2に含まれます。そこで、1と2について簡潔に確認しましょう。

1.オシレーター系

「現在の為替レートは高すぎだから、下落に転じる可能性がある」「現在の為替レートは安すぎだから、上昇に転じる可能性がある」・・・このように、高値警戒や安値警戒を示唆してくれるインジケーターです。

得意な相場は「トレンド相場以外」です。逆に、不得意な相場は「トレンド相場」です。得意な相場でオシレーター系を使うと、期待通りの成績を収めやすくなるでしょう。しかし、トレンド相場でオシレーター系を使うと、苦戦するかもしれません。

例として、RCI、ROCなどがあります。

2.トレンド系

トレンド系は「現在は為替レートが上昇(下落)傾向にあるから、今後もこのまま上昇(下落)を続ける可能性がある」という相場の流れ(トレンド)を示唆してくれるインジケーターです。

得意な相場は「トレンド相場」です。逆に、不得意な相場は「トレンド相場以外」です。得意な相場でトレンド系を使うと、期待通りの成績を収めやすくなるでしょう。しかし、トレンド相場以外でトレンド系を使うと、苦戦するかもしれません。

例として、移動平均、エンベロープなどがあります。

インジケーターの選び方

では、上のような分類を受けて、どのようにインジケーターを選べばよいでしょうか。これを考えましょう。

為替相場を大きく二つに分けるならば、以下の通りになります。

そして、インジケーターを見ると、トレンド相場が得意なトレンド系とボックス相場が得意なオシレーター系があります。

これは困りました。インジケーターを一つに絞ろうと思っても、トレンド相場とボックス相場で使うべきインジケーターが異なるとしたら、どうすれば良いのでしょうか。

答えは・・・「2つのインジケーターを使う」でしょう。すなわち、トレンド系から一つ、そしてオシレーター系から一つです。インジケーターを1つだけ選ぶというルールはありません。2つ選んでも構いません(もちろん、3つ以上でも構いません)。

そして、トレンド相場の時にはトレンド系のインジケーターをメインに使用して、オシレーター系のインジケーターを補助的に使います。

ここで重要なのは、「トレンド相場の時にはトレンド系のインジケーターだけ使用して」ではないことです。両方使います。両方使うことで、トレンド相場の相場判断がより的確にできるようになります。

同様のことはボックス相場の場合でも言えます。ボックス相場の時には、オシレーター系のインジケーターをメインに使用して、トレンド系のインジケーターを補助的に使います。

次以降の記事で、オシレーター系とトレンド系のインジケーター例を一つずつ選んで説明します。すると、どちらも「これなら完璧だ!」という感じではないことが分かります。そこで、それらを同時に使って相場を判断することを試みます。

このシリーズを読んでいただくことにより、インジケーターに対する理解が深まることでしょう。次のページでは、最も基本的なインジケーターの一つである「移動平均線」から紹介します。

チャート分析を始めよう!

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.