チャート分析の基礎知識 PC版イメージ チャート分析の基礎知識 スマホ版イメージ

チャートとは?チャート分析とは?

チャートを眺めて将来の値動きを考えることを、チャート分析と呼んだりテクニカル分析と呼んだりします。

株式投資では、株の価格をグラフ化した「株価チャート」がありますが、FXで使われるチャートとは、為替レートの動きをグラフにしたものです。FX初心者のかたからベテランまで、多くのトレーダーが為替レートのグラフ(=チャート)を見て、値動きの特徴を見つけようと努力します。

値動きの特徴というのは、例えば以下の通りです。

  • 為替レートが一定の方向に動き続けるトレンド相場
  • 一定の価格帯の範囲で上昇・下降を繰り返すボックス相場(レンジ相場)
  • 今の価格が高値なのか安値なのかの値頃感の把握

また、過去のチャートをさかのぼり、現状との類似性や法則性、あるいは一定のパターンを見つけ出してトレードの足がかりにするという手法も可能です。

FX取引は勘に頼ったトレードをするよりも、トレードの根拠を見つけ出してタイミング良く売買するほうが利益になる確率や勝率が高くなります。そのために行うのがチャート分析です。

ところで、みなさんがチャート分析という言葉から連想することは何でしょうか。

  • ローソク足
  • トレンドライン
  • 移動平均線
  • トレンドライン
  • ディスプレイに意味不明な線がたくさん
  • 売買シグナルに頼ってトレードしたい
  • 勝てるパターンが見つかりそう
  • 難しい、面白そう・・・etc

人によって連想することは大きく異なると思いますが、ここでは最初にチャートの基本であるローソク足から紹介します。FX初心者のかたが、はじめに知っておくべきチャートの一つです。

ローソク足

下のチャートは「ローソク足」という相場独特の方法を使って描いています。

ローソク足はチャートの代表格であり、上昇を意味する「陽線」と下降を意味する「陰線」で構成されています。陽線は“買い勢力が売り勢力よりも強い”、陰線は“売り勢力が買い勢力よりも強い”ことを示します。

ローソク足が持つ情報はここに書き切れないほど多いので、別の機会に説明することにして、基本的な内容についてはこちらを参照して下さい。

ローソク足図

チャートには、ローソク足のほかにも、いくつかの種類があります。このようにいくつもの種類があるのは、やはり「値動きの特徴を見つけようとした結果」です。例として、さらに2つご紹介しましょう。

ラインチャート

ラインチャートは、終値を結んだ折れ線グラフです。ローソク足が4つの値(始値、高値、安値、終値)を表示するのと比べますと、明らかに情報量が少ないです。しかし、とても見やすいというメリットがあります。

ローソク足を読むには、ある程度の勉強と経験が必要でしょう。しかし、ラインチャートは特段の勉強をしなくても読めるでしょう。

ラインチャート図

バーチャート

下のバーチャートは、1本の棒に「始値、高値、安値、終値」が表示されます。よって、ローソク足と同じ情報量です。異なるのは「見た目」です。

ローソク足の場合、実体部分(始値と終値の間)に色が塗られます。この色が印象的なので、チャート判断が実体部分に過度に引っ張られてしまうと感じる場合があるでしょう。この場合、バーチャートが有効です。

実体部分の色や長さが強調されませんので、適切に判断できるかもしれません。

バーチャート図

なお、為替レートを表示してチャートにするだけでなく、為替レートの数字を使って何らかの指標を作り出し、それを基準にして売買チャンスを探そうという動きも活発です。これはテクニカル分析・テクニカル指標と呼ばれることもあります。良く知られたテクニカル指標の一つに、移動平均線があります。

こうしてチャートを分析した結果、値動きの特徴が見つかれば大チャンスです。「×××という状況になったら、為替レートは円安になる(または、円高になる)。」これが事前に分かっていれば、売買ポイントも明確になり大きな利益を期待できますから。

この大きな利益を目指して、世界中のトレーダーが日々努力しています。

チャート分析は有効か

では、果たしてチャート分析は有効でしょうか。有効ならば積極的に実行して相場を研究することになります。一方、有効でないならば、いくら分析したところで無駄な作業です。別の方法を考えたほうが良いということになります。

結論から先に書いてしまうと、「すべてを予見できる完璧なチャート分析は存在しない」でしょう。

これが意味するのは、「特定の場合には読むことができる」です。ただし、その確率は100%ではありません。読んだ結果が当たることもあるし、外れることもあります。しかし、特定の場合には、比較的高い確率で読むことが可能でしょう。

「比較的高い確率で」はどのくらいの数字か?と疑問に思うかもしれません。しかし、この数字を出すことは困難です。というのは、チャート分析手法や相場状況によって変化するものだからです。

以上の通り概観しますと、チャート分析手法が世の中に数多く出回っている理由が何となく分かるかもしれません。

全ての相場状況で法則性やパターンを見つけ出し、未来を完璧に予想できる手法はないけれど、特定の状況ならば読めるという手法ならばあります。そして、その「特定の状況」は千差万別ですから、それぞれの状況を分析するのが得意な手法が乱立しているということです。

チャート分析手法の例を挙げてみましょう。

トレンド系指標

トレンド相場の時に、将来の値動きを高確率で当てるチャート分析手法(ただし、ボックス相場は苦手)

オシレーター系指標

ボックス相場の時に、将来の値動きを高確率で当てるチャート分析手法(ただし、トレンド相場は苦手)

よって、チャート分析をする場合には、適材適所も考える必要があるでしょう。ボックス相場分析が苦手なトレンド系指標を持ってきてボックス相場を考えても、予想は外れてばかりで面白くないでしょう。

一方、適材適所でチャート分析ができれば、トレードが楽しくて仕方ないかもしれません。

世の中にはチャート分析手法が無数にあります。そのすべてを使いこなせるようになる必要はないでしょうし、使いこなすことはできないでしょう。しかし、複数のチャート分析手法を用いて、様々な状況で相場を読めるようにすることは可能でしょう。

そして、自分が選んだチャート分析手法で相場が読めない場合は、無理して読もうとせず、待つことも大切です。読める相場になるまで待って、読めるようになったら読みます。読めたら、それを取引に結び付けて利益を狙います。

次ページ以降では、チャート分析によって売買の判断を行う上で、補助となってくれる「インジケーター」を紹介していきます

チャート分析を始めよう!

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.