チャート活用でトレンドをつかむ

FXで勝つためには、その時々の相場が上昇しているのか、
下降しているのかのトレンドを押さえることが必要です。

トレンドを押さえるためのツールとして、最も利用されている分析手法に、
チャート分析と呼ばれる方法があります。

チャートの種類は数十種類もあり、FXビギナーの方は
どのチャートを使って良いか迷ってしまうことも多いでしょう。

そこで、ここでは「トレンドを簡単に把握できるチャート」に絞って、
その基礎部分と活用方法を説明します。

FXで威力を発揮するチャート【ローソク足】

株価や為替の値動きをわかりやすく視覚化したものに「ローソク足チャート」というのがあります。これをFXでも利用します。

現在のレートがどの位置にあるかが一目瞭然で分かり、多くの投資家が利用しているチャートで、テクニカル分析(統計的分析)の基本中の基本になります。

ローソク足は、期間を区切ることによって様々な種類に分けられます。

1日の値動きを示すものは「日足」、1週間なら「週足」、1ヶ月なら「月足」、1年なら「年足」といいます。これらは主に、スワップトレードなどの中長期トレードに威力を発揮します。

また、これらを更に細分化した「1分足」「5分足」「15分足」「30分足」「60分足」なども使われます。
こうしたタイムスパンが短いチャートは、デイトレードやスキャルピングなどの
短期トレードで威力を発揮します。

ローソク足の見方【陽線と陰線】

ローソク足は、「陽線」と「陰線」に大別されています。

陽線:始値より終値が高く、通常は白か赤で表示され、上昇傾向にあることを意味します。

陰線:始値より終値が低く、通常は黒か青で表示され、下降傾向にあることを意味します。

実態(胴体)部分からでている線を「ヒゲ」といいます。

上についているヒゲを「上ヒゲ」、下についているヒゲを「下ヒゲ」といい、ひげの長さやトレンドのどのあたりで出現したかによって、ローソク足の持つ情報の意味合いが変わってきます。

ローソク足の基本パターン

ヒゲがない陽線は『陽の丸坊主』とも呼ばれ、上昇基調が強く、
「買い」のサイン。

ヒゲがない陰線は『陰の丸坊主』とも呼ばれ、下降基調が強く、
「売り」のサイン。

長い下ヒゲを持つローソク足は『カラカサ』『たぐり線』とも呼ばれ、
始値よりも安い値段で売られたものの、買い戻されて値段が戻ってきたことを意味します。底値付近で出現した場合は反転し、上昇する可能性があります。「買い」のサイン。

長い上ヒゲを持つローソク足は『トンカチ』とも呼ばれ、
『カラカサ』とは反対の性質を持ちます。
天井付近で出現した場合は反転し、下降する可能性があります。
「売り」のサイン。

『コマ』と呼ばれるローソク足は、
相場が迷っている状態を意味しています。

『十字線』『同時線』と呼ばれるローソク足は、始値と終値が同じく、
相場が方向を見定めている状態を意味します。
天井や底で出現した場合は、相場が転換する可能性が高くなります。

ローソク足のパターンはこれ以外にもありますが、
FXビギナーのうちはローソク足の実態(部分)とヒゲの長短、
高値圏で出現か底値圏で出現かなどの基本部分をマスターしましょう。

実際は、トレンドの中で判断していく必要がありますから、
チャート分析についての書籍などを参考にして、
徐々に組み合わせパターンを覚えていくと良いでしょう。

それでは、実際にバーチャル(デモ)トレードを実践してみましょう。

新規登録・参加は無料ですから、いろいろな会社に申し込んでシステムトレードに慣れ、
リアルトレードに活かしてください!

バーチャルFXでデモトレードをしてみよう!

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.

p>