取引会社選びの『今と昔』

新しい投資への幕開け

証拠金取引(FX)の始まりは、1998年の『改正外為法』の施行でした。

それにより、それまで銀行にしか認められていなかった『通貨の交換』が、個人が銀行以外の業者を通じてインターネットや電話取引によって、外貨を自由に、しかも安い手数料で手に入れることが可能になったのです。

当時といえば、オーストラリア(豪州)やニュージーランド(NZ)などの資源国の政策金利が上昇基調をたどっていたため、個人の投資家はその金利の魅力につられて、外貨預金感覚で証拠金取引をはじめた方も大勢いました。

しかも、相場が上昇基調ということもあり、為替差益まで手にしましたので、多くの個人投資家に注目されたのです。かくして、FXの黎明期(れいめいき)の始まりです。

中・長期投資が主流

金利差(スワップポイント)を狙ったトレード手法は、投資期間が数ヶ月~数年というスパンで取引されます。したがって、業者を選ぶ際は、「取引する通貨ペアのスワップ金利が高い業者を選ぶ」のが風潮で、業者も豪ドル・NZドル・南アフリカランドなど、資源国通貨を中心に、高いスワップ金利を打ち出す業者が多勢を占めました。

悪徳業者の出現

当時はFXを取り扱う大手の証券会社が少なく、信用という面では決して安心できる業者であるという確信もなく、FXの高い運用効率に魅せられた投資家が、次々とFX口座を開設していったのです。

手数料が安く、少額の取引が可能、利率が高いという利点から、多くの人が口座を開くようになり、その裏では、それを利用して儲けようとする悪徳業者が出てくるようになりました。

2005年7月『金融商品の販売等に関する法律』にFXが対象商品とされてからは、登録制の導入、自己資本比率規制、電話・訪問勧誘の禁止などの法的整備によって、悪徳業者や資本力基盤が脆弱な業者が淘汰されはじめました。

2010年に『信託保全』が義務づけられて以降、投資家の資産の安全性については格段に上がったといえます。

流れは短期売買へ

金利差益を狙った長期投資の手法は、2008年のリーマンショックを境に影を潜めだしました。オーストラリア(豪州)やニュージーランド(NZ)などの資源国の政策金利が階段を転げ落ちるように下がり、為替相場も乱高下を繰り返し下落相場に。。。

そうした荒れ相場によって、FXのトレード手法は徐々にデイトレードやスキャルピングといった短期売買に向かいます。

短期売買では、売買手数料やスプレッドといった、取引コストが利益に直接影響を与えるため、業者選びの比較対象は、それまでのスワップポイントからスプレッドへ移行していきます。売買手数料は無料という業者が増え始めたのもこの時期です。(当初から手数料無料の会社も存在しました。)

また、FXはレバレッジを効かせて取引できるという特徴を持っていることから、レバレッジの高さを400倍まで可能とする業者も出現し、腕に自信のあるトレーダーは、こぞってハイレバレッジで運用できる会社に鞍替えするケースも。。。

しかし、このハイレバレッジにテコ入れが入ることになり、そこから一気にFX会社の”第二次淘汰”が始まります。

FX業者の再編

2009年8月「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」により、最大レバレッジは50倍に規制され、2011年8月には更に小さくなり一律25倍となりました。
レバレッジ規制が入った理由は諸説ありますが、実際は不明です。

FXは、手数料が安く(無料がほとんど)投資家にとってのメリットは大きいのですが、FX会社の利益は薄利です。デイトレードなどの短期売買で入ってくるスプレッドがFX業者の利益部分で、レバレッジを最大限に利用したデイトレードのスプレッドが収益のメインです。

その薄利の収益構造に拍車をかけたのがレバレッジ規制です。FX業者は経営基盤を整えるべく、FX業者同士、資本提携をしながら合併や買収が展開されました。

熾烈な低スプレッド競争

さて、現在のFX業者は、信託保全制度の遵守やレバレッジが一律最大25倍となったこと、手数料の無料化が進んだことなどにより、他社との明確な差別化が難しくなってきている状況です。

そこでFX業者は、投資家のトレードスタイルがデイトレードやスキャルピングといった短期売買に移行している流れをくんで、実質的なコストとなるスプレッドの縮小化によって差別化を目論む傾向になります。スプレッドを縮小して固定したり、低スプレッドキャンペーンを打ったりと、その競争は過熱しています。

ただでさえ薄利なFX業者が、熾烈な低スプレッド戦争を展開することには違和感を覚えますが、低スプレッドを提供できる理由は2つあります。

FX業者の何を比べるか?

FXトレードのベテランであれば、過去の経緯などを知っていますから、どんな利便性が向上しているとか、どんなサービスが増えたとか、ある程度的を絞った業者選定(この場合は評価)が可能です。

しかし、初心者にとっての業者選定は、ネット上の評価や噂などに頼らざるを得ない状況かもしれません。非常に難しい選択です。。。

そこで、初心者にとっての業者選定において、比較すべき項目をピックアップしてみます。

 FX業者を比較する基準について

総合評価が高いFX会社ランキング 総合評価が高いFX会社ランキング

FXを始める前の準備

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.