ゆきママ

「窓」トレードはここに気をつけよう!【総まとめ】

いよいよ「窓」について最後の記事となります。3回目の今回は、実際の窓トレードにおける注意点やメリット・デメリットについてまとめていきます!

すぐに窓が埋まるとは限らない?

多くの方は窓が開いたらすぐに埋まると考えていると思いますが、実は発生してから数日後に埋まることもありますし、長い時には1年以上かけて埋めていくこともあります。

窓が埋まるまでに数ヶ月

前回、『埋めない窓はない』という名言について紹介しましたが、年単位といった非常に長いスパンで相場を見れば、確かに開いた窓はどこかで埋まる可能性はほぼ100%と言えますからね。ほとんどの窓が埋まるとされる根拠には、こういった背景もあることを覚えておきたいところです。

ですから、窓が開いていたからといって何も考えずに飛びつくのはオススメできません。まず、窓が開く要因となった理由は何なのかをしっかりと考え、また、その材料が一時的なのか継続して影響を与え続けるのかを分析した上で、トレードしていくことが望ましいといえるでしょう。

ちなみに、具体例としては天災や事故、テロなどはほとんどの場合、一時的な材料とされて短期間で窓が埋まることが多いです。続けて発生する類のものではありませんし、アメリカの同時多発テロ(9.11)の時ですら、数日程度で完全に埋めています。

逆に、金融政策の変更や政権交代といった政変が原因で窓が開いた場合は、なかなか埋まらないことがあります。これは、中長期的な政策の変化が懸念されているためで、新たなトレンド発生といった可能性も十分ありえますから、注意しておきたいですね。

利食い・損切りのポイント

トレードについては、人それぞれスタイルがありますので一概には言えませんが、完全に窓を埋めきらないパターンを想定して、窓を半分埋めたらポジションの半分を決済するなど、ある程度のところで利益を確定しておくと安心です。先ほども述べたように、窓を完全に埋めきるまでは時間がかかることもありますからね。

損切りは、窓を埋めに行ったのにもかかわらず、再び逆行してオープン後の最安値(最高値)を更新してしまったポイントで機械的に行うのがベターでしょうか。あっという間に損失が膨らんで対応できなくなるといった事態は避けたいですからね。

これらは非常に単純な利食い・損切りのポイントとなりますが、そもそも窓埋めトレードの狙い自体が単純なので、あとはご自身の状況に合わせてポイントを調整していただければと思います。

窓トレードのメリット・デメリット

最後に、窓トレードにおけるメリットとデメリットをまとめていきましょう。まず、メリットについては以下の2点が挙げられます。

窓トレードのメリット

  • 1.手法そのものがシンプルで判りやすい
  • 2.トレードのスケジュールが立てやすい

1については、窓が開けばエントリーすることを検討し、エントリー後は埋めるのを待つというシンプルな手法で、しかも利食い・損切りのポイントも分かりやすいので、初心者の方でも手軽に実践することができます。このことは窓トレードが、多くの方から支持を集める理由ともいえるでしょう。

そして、2についてですが、これは多くの兼業トレーダーにとって非常に大きなメリットとなります。なぜなら、基本的に週明けのマーケットオープンの窓を狙うことになるため、月曜日の午前7時(FX会社によって取引開始時間は異なります)に確認するだけでOKですからね。

時間が取れない中で、無理をしてせっかく相場と向き合う時間を作っても、なかなかチャンスが来なくて待ちぼうけといった経験をしたことはないでしょうか?窓トレードであれば、とりあえずエントリーは月曜の朝と決まっていてスケジュールが立て易いので、忙しい方にもオススメできます。

このように、窓トレードには大きな強みがありますが、もちろん弱点がないわけではないので、以下に2点のデメリットを挙げさせていただきます。

窓トレードのデメリット

  • 1.窓を開けた材料を見極める知識が必要
  • 2.窓埋めに長い時間がかかる場合もある

1は初心者の方にとって、最も大きなデメリットとなるかもしれません。各国の政治的なスタンスや金融政策の方向性など、ファンダメンタルズ的な分析が必須となる場合もありますので、日頃からニュースに興味を持って知識を蓄えていくようにしましょう。

また、為替は株と比べて窓を埋めるスピードは非常に早いと言われていますが、先に書いたように窓を埋めるまで非常に長い時間がかかることもあります。材料の影響度にもよりますが、1日経っても埋める兆しが見られない時には、ポジションを一旦閉じるなどしておいたほうが無難かもしれません。

以上、3回にわたって窓トレードについてお話ししましたが、いかがだったでしょうか?

最後の項目にもあるように、窓トレードはシンプルな戦略である反面、窓を開け要因の分析は必須となります。そして、分析できるようになるためには日々のニュースについて考えるという姿勢が重要ですので、1日10分でも良いので経済ニュースに目を通していただければと思います。

 

ゆきママの「窓」攻略法-Back Number

プロフィール

主婦トレーダーゆきママ

「7年で10万円を2,000万円に!話題の育児トレーダー」

ゆきママ

プロフィール・経歴・活動実績など

2008年夏に10万円でFXをスタートし、半年で300万円に。その後は、100万円単位の損切りを経験するなど失敗を繰り返しながらも手法を見直し、ニュースや金融政策を読み解きながらトレンドに逆らわない堅実なトレードで利益を積み重ね、7年間でプラス2,000万円を達成!最近はシストレ(自動売買)も活用し、子育てと投資を両立しています。
■活動実績
ブログやツイッターで日々の相場解説やトレードアイディアを提供している他、雑誌でコラム連載中。
 ・「稼ぐ人のFX儲けの流儀5」トレード手法を解説。
 ・「月刊FX攻略.COM」2014年3月号から連載開始、現在も継続中。

執筆者のサイト

http://fxshufoo.blog.so-net.ne.jp/

▲このページのトップへ

FXとは?
FXの始め方
窓トレード基礎編
窓トレード実践編
FXトレード手法
チャート分析
売りから始めるFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
fx初心者ポイントレッスン
スパンモデルFX
FXニュース外国為替最新情報
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.