FX注文方法の基本

取引のサイクル

FXの取引は、「買った」外貨は必ず「売り」、 「売った」外貨は必ず「買い戻す」ことで1回の取引が成立します。

新規注文した『反対の売買』をすることによって、利益、あるいは損失が確定します。

FX買いと売りの取引サイクル

FXで新規に取引した場合、「新規のポジションを持つ」、あるいは「新規の建玉を保有する」などといいます。

買った場合であれば「買いポジション」または「買い建玉」といい、
売った場合であれば「売りポジション」または「売り建玉」といいます。

多彩な注文方法

FXの取引では、新規ポジションを持つ場合や利益(損失)を確定する場合の決済注文方法が豊富に用意されています。

為替相場が思惑通りに動いたケースでは、できるだけ利益を確実に確定したい、その逆に思惑と反対方向に向かってしまうケースを想定して、あらかじめ損失を限定する場合など、いろいろな注文方法を駆使して利大損小を企てます。

注文方法

株式投資ではお馴染みの「成行」「指値」「逆指値」といった定番の注文方法は、FXでも全く同じです。

「成行注文」は、レートを指定せずに注文する方法。

「指値注文」は、買いたい(売りたい)レートを指定して注文する方法。

「逆指値注文」は、利益を確定、損失を限定するための注文する方法です。

これらのメリットとデメリットはどうなっているのでしょう?

注文方法 特徴 メリット デメリット
成行 迅速かつ確実に売買できる 確実に売り買いの注文が成立する 値段を指定していないので、約定後に取引額が判明する
指値 売り買いの値段を指定できる 約定する値段があらかじめ分かる レートが希望する金額にならないと約定しない
逆指値 不利なレートで指値を入れる方法 損失の拡大を確実に止められる。相場のトレンドにうまく乗りやすい 指値に達した瞬間、売買が成立してしまう

「自動売買」を使いこなそう

FXは、あらかじめ売買するレートを設定しておいて、その設定したレートに相場が動いたときに、自動的に売買することが出来るようになっています。つまり、「自動売買」は想定するリスクを回避できるシステムです。

為替相場は24時間動いています。ずっとパソコンの前に張り付いているわけにはいきませんね。仕事で日中の為替相場の動きが確認できない人、家事に追われる人、夜には睡眠しなくてはなりません。。。

市場から目を離したすきに、利益機会がスルリと逃げる場合もあります。その逆に、相場が激しく振れたときに、想わぬ大損害を被るかも知れません。。。

そんなリスクを補ってくれるのが、FX特有の「自動売買システム」なのです。

FXの売買方法には、「成行」「指値」「逆指値」といった定番の注文方法の他、FX特有の売買方法、IFD(イフダン)注文OCO(オーシーオー)注文IFO(アイエフオー)注文トレール注文などがあります。

また、FXには、あらかじめ決めておいたルールに従って継続的・機械的にトレードする投資法があり、これを『システムトレード』といいます。更に、そのトレードツールを利用して完全自動化による取引ができるシステムが、『システムトレードによる自動売買』です。

FX(外為取引)の注文方法

▲このページのトップへ

窓トレード基礎編
窓トレード実践編
売りから始めるFX
fx初心者ポイントレッスン
富を創造する投資思考
スパンモデルFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー

FXホーム > FXの注文方法 > 売買の基本

掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.