為替レートの表示は二通り

テレビで為替レートを表示する場合、「ドル/円 115.50-115.55」と表示されますが、
これは一体どう意味なのでしょう?

2wayプライスについて

この二つの価格提示の意味は、
価格を提示する側が 「1ドル=115円50銭でドルを買います」
価格を提示する側が 「1ドル=115円55銭でドルを売ります」
という意味で、この二つの価格を「2wayプライス」と呼んでいます。

つまり、二つの価格表示は、
投資家がドルを売るときが「1ドル=115円50銭」
投資家がドルを買うときが「1ドル=115円55銭」
ということになります。

2wayプライスの表示では、左側の数値(買値)を「ビット」、
右側の数値(売値)を「アスク」または「オファー」と呼んでいます。

売値と買値が同時に表示されることによって、売買の透明性が向上し、業者による不正な表示を防止することにも寄与しています。

(業者による不正とは、たとえば、「ドルを買いたい投資家には高く売り、売りたい投資家からは安く買う」といったように、業者に有利な提示をすることです。)

2wayプライスに慣れよう!
  • ビッド(買値)・アスク(売値)は、外為業者側から提示されるレートです
  • したがって、投資家はビッドで売り、アスクで買うことになります

買値と売値の差【スプレッド】

上記の為替レートにおいて、1ドルを買って1ドルを売った場合はどうなるでしょう?

為替相場が動かない状態でも、1ドル=115円55銭でドルを買って、
1ドル=115円50銭でドルを売るわけですから、5銭損をすることになります。

この買値(ビット)と売値(アスク)の差を『スプレッド』といいます。

スプレッドは、外為業者のマージンのようなものですが、
投資家からすれば手数料と同様に売買コストとなります。

また、会社によって、あるいは取引通貨の組み合わせによっても差があります。
したがって、スプレッドが安い業者を選ぶことも取引会社を決めるときのポイントとなります。

FXを始める前の基礎知識~為替相場

▲このページのトップへ

窓トレード基礎編
窓トレード実践編
売りから始めるFX
fx初心者ポイントレッスン
富を創造する投資思考
スパンモデルFX
fx会社ランキング
くりっく365取扱いFX業者
FX無料動画セミナー
掲載FX会社一覧

Copyright © 2007-2016 FX 外国為替証拠金取引 バーチャルFX All rights Reserved.